記事一覧

プレーンズ・オブ・フェーム

ファイル 133-1.jpg
1990年6月22日
 ロサンゼルス近郊のチノ飛行場へ行ってきました。ここには「プレーンズ オブ フェーム」という、主に第二次大戦の頃の飛行機を集めた博物館があります。ほとんどの期待がフライアブルな(飛べる状態にある)のが特徴です。博物館というよりは、飛行機クラブといった雰囲気です。
 B-25の整備にも余念がありません。


ファイル 133-2.jpg
 ここに世界でただ一つの生きている零戦が展示されています。技術力の証であったはずの軽さも、今となっては痛々しく感じられます。
 労をねぎらい、感謝の言葉を捧げてきました。


ファイル 133-3.jpg
 リパブリックP-47サンダーボルトの大きさと重量感には、圧倒されます。


ファイル 133-4.jpg
 ノースアメリカンP-51ムスタングも零戦に比べるとかなり重そうです。


ファイル 133-5.jpg
 ボートF-4Uコルセアの主翼折り曲げ部分。飛行機好きにはたまりません。