記事一覧

1 大人の街バンクーバー

 世界一周の最初の滞在地はバンクーバーにした。森林資源が豊富なブリティッシュ・コロンビア州は、材木に携わる仕事をしている人にはきわめて縁の深いところだ。仕事はもちろん、日本で英会話を教わったG先生を通した人脈もある。また治安も良く、外国や旅行にも慣れるのにはうってつけの場所だと考えたからだ。
 周囲を山と海に囲まれたバンクーバーは、近代的で活気があり空気の爽やかな美しい街だった。そして予想通り、きわめて順調なスタートとなった。 (本文より)

セント・へレンズ火山

ファイル 1-1.jpg
1990年2月28日
 サンフランシスコからシアトルへ向かう途中、DC-8-71の窓から眺めるセント・ヘレンズ火山の噴火口。機長が機体を大きくバンクさせ、何やら解説しながら一周してくれました。
 遠くに見えるのはタコマ富士とも呼ばれるレーニア山。
 

シアトルの浮橋

ファイル 2-2.jpg
1990年2月28日
 シアトル・タコマ空港離陸直後のボーイング727から見たシアトル北部の住宅地。
 遠くの山なみはオリンピック半島。
 
 
ファイル 2-1.jpg
 住宅地の幾何学的な模様と浮橋が印象的でした。
 

Rさんのコンドミニアム

ファイル 4-1.jpg
1990年3月1日
 バンクーバーでのステイ先は郊外のリッチモンドにあるRさんのコンドミニアムでした。
 コンドミニアムというのは日本で言うところの分譲マンションです。4階建てですが木造(ツーバイフォー)です。外構から外装、共用の廊下まで何から何まで木が使われています。
 バンクーバーの中層住宅はほとんど木造で建てられていました。
 
 
ファイル 4-5.jpg
 同じ団地の中に、コンドミニアムのゾーンと隣接して一戸建てのゾーンがあります。こちらもレッドシーダー(米杉)を多用してとてもナチュラルで落ち着いたたたずまいです。後にも先にもこれほど私好みの住宅地はお目にかかれませんでした。
 
 
ファイル 4-2.jpg
 Rさんは私たちにご自分の寝室を貸してくださいました。ここがバンクーバー滞在の拠点となりました。
 

ページ移動