記事一覧

北欧の色

ファイル 71-1.jpg
1990年8月9日
 ノルウエーのオスロ空港に到着。
 スカンジナビアン・ブルーが印象的でした。


ファイル 71-2.jpg
 北欧は織物や編物が盛んです。ショーケースのディスプレイも独特の色合いで目を楽しませてくれます。


ファイル 71-3.jpg
 外壁の板に原色のペンキを塗った家をよく見かけました。周囲の環境によく馴染んでいるのが不思議です。
 

ファイル 71-4.jpg
 スキー博物館近くのログハウスのホテルです。スカンジナビアン・レッドが青い空に良く映えます。
 

ファイル 71-5.jpg
 「その国の色」は、「その国の空」が大きく影響していると思います。
 

オスロの街

ファイル 72-2.jpg
1990年8月9日,10日
 ダウンタウン。


ファイル 72-3.jpg
 ダウンタウンで。


ファイル 72-4.jpg
 噴水とカップル。


ファイル 72-1.jpg
 港とダウンタウン。

 
ファイル 72-5.jpg
 TOYENBADETという巨大なアーチによる屋内プール。
 
 

オスロの野外博物館

ファイル 73-1.jpg
1990年8月9日
 オスロの野外博物館を散策。ノルウエー各地の伝統的な民家を移築したり復元したりして展示してありました。日本で言うところの「民家園」の大きなものです。


ファイル 73-2.jpg
 北米に比べるとすべてがコンパクトです。


ファイル 73-3.jpg
 ほとんどがこのように無塗装でした。床を上げてあるのは雪の対策でしょうか。
 どの家も中は真っ暗です。


ファイル 73-4.jpg
 北米にも日本にもない意匠です。


ファイル 73-5.jpg
 有名な木造の教会。屋根もすべて木で葺いてあります。
 入口はちょうど人が一人入れるくらいの大きさです。想像していたよりもずっと小さかったのがかえって印象的でした。
 背景の雲とあいまって、歴史と物語が感じ取れます。
 
 

オスロの地下鉄

ファイル 74-1.jpg
1990年8月10日
 郊外のスキー博物館へ行こうと地下鉄のホームで待っていたら、ゴトゴトとかわいい板張りの電車が登場しました。


ファイル 74-2.jpg
 内装も木が効いています。「旧国鉄」みたいな古臭い感じはなくて、むしろモダンなイメージです。
 地上に出ると、ピカピカに磨かれた窓ガラスから明るい日差しとさわやかな緑飛び込んできました。


ファイル 74-3.jpg
 終点付近は小高い丘の上です。ちょっとした高原列車の趣でした。
 

ページ移動