記事一覧

社長夫妻による世界一周旅行記のご紹介

 このたび、18年前の世界一周旅行記をまとめた本を、自費出版いたしました。

ファイル 163-1.jpg

「29歳の離陸」 --自分を模索した207日間世界一周--

必須科目は「世界一周」
カナダのホームスティ、オレゴンでの学生夫婦、つてを頼ってアメリカ横断、
北欧~ギリシア縦断特急、麻薬のようなアジアの香り。

 妻とふたり、資金は手持ち金と借金で300万円。宿泊代と食費を含めた1日の生活費は、50ドルに切り詰めよう。食事は自炊、タクシーは使わない。行けるところまで行こう。半年は大丈夫だろう。人生、「今」でなければできないことがある。
 1990年2月28日午後5時5分、僕たち夫婦を乗せたジャンボ機は、冷たく晴れわたる冬空へと離陸した。

   ---------------------------------------------------

 学生生活もサラリーマン生活も順風満帆だった「僕」が、25歳の時に結婚して家業を継ぐべく家に戻ったとたんに突然の失速。
 「自分は何なんだ。自分は本当は何がやりたいのか」と自分探しの長い迷路に入り込んでしまいました。
 そして悩みに悩んだ末に、30歳を目前にして起死回生の一発勝負の旅に出た207日間を綴った日記です。

   ---------------------------------------------------

 ページ数の制約から本書中で掲載できなかった写真を、ここで紹介したいと思います。

 ほとんどの写真は、クリックすると拡大されます。

29歳の離陸-Web写真集-トップ
  → http://www.n-rinsan.com/ryokou/diary.cgi
                              2008年11月  中島桂一

1 大人の街バンクーバー

 世界一周の最初の滞在地はバンクーバーにした。森林資源が豊富なブリティッシュ・コロンビア州は、材木に携わる仕事をしている人にはきわめて縁の深いところだ。仕事はもちろん、日本で英会話を教わったG先生を通した人脈もある。また治安も良く、外国や旅行にも慣れるのにはうってつけの場所だと考えたからだ。
 周囲を山と海に囲まれたバンクーバーは、近代的で活気があり空気の爽やかな美しい街だった。そして予想通り、きわめて順調なスタートとなった。 (本文より)

セント・へレンズ火山

ファイル 1-1.jpg
1990年2月28日
 サンフランシスコからシアトルへ向かう途中、DC-8-71の窓から眺めるセント・ヘレンズ火山の噴火口。機長が機体を大きくバンクさせ、何やら解説しながら一周してくれました。
 遠くに見えるのはタコマ富士とも呼ばれるレーニア山。
 

シアトルの浮橋

ファイル 2-2.jpg
1990年2月28日
 シアトル・タコマ空港離陸直後のボーイング727から見たシアトル北部の住宅地。
 遠くの山なみはオリンピック半島。
 
 
ファイル 2-1.jpg
 住宅地の幾何学的な模様と浮橋が印象的でした。
 

ページ移動